FANDOM


キロノメ(Chironome)

Chironome

色:赤を基本に多種多様。青、黄、灰、紫その他。
ロール:心臓、感覚器、神経、自己を知覚するためのもの
形態:目玉みたいな丸い球体
属性:心の目 自我 動物 植物
利用法:通常は植物の形状を取っていて、樹からぶら下がっていたり地面から生えていたり。吸い取った要素によって様々な色に変化する。それらを収穫し、人形の中にコアとして組み込むことで、心・人格のアイデンティティとなる。虫をのぞいたほとんどのキャラクターの中に組み込まれている。キロ(Chiro)の頭から生えているものはやや特殊な扱い方をされていて、他者の色の要素を解析する心の目の役割を果たす。キロムシ(Chiromushi)は、虫ながらもキロノメを持つ特殊な存在。キャラクターの色(心の個性)は本来固有のものだが、彼らは同じ色をすべてのキロムシで共有している。

その他:人形を作るのはミロク(Miroku)さんという事になっているが、彼がキロノメを扱えるかどうかは不明。だれがキロノメを組み込んでいるのか、そもそもキロノメはどこからくるのかは明らかになっていない。この世界のもっとも大きな樹から来ると言われており、どのようにして人格が作り出されるかの器-魂の相関に関する技術資料は残されている。

ワールド内に自生もするが、元々はホー(Hor)達によって持ち込まれたものであるらしい。心と目の両方の機能を持ち、視線であると同時に"色"の受容器でもあるとか。

CZplaZiUAAAaom4
1248455576.kiki-uma otonome

アカネ(Akane)とキロノメ

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki